☆骨盤・カラダ美人になる☆

名古屋の骨盤湧命法整体師のブログ

記事

 不妊治療をしていて、卵子の状態を検査したときに

「前の卵胞が残っていますね。」と言われたことはありませんか?


通常の生理周期では、選ばれた1つの卵胞が成長し中の卵子を育てます。

そして十分卵子が育つと卵胞から卵子が放出されます(排卵)。

そして、卵子を放出した卵胞はその後、「黄体」へと変化します。


「卵胞が残っている」ということは

卵胞が排卵時期になっても卵子を放出しなかったために

黄体化できず卵胞のまま残った状態だということです。

(卵子を放出しようとしても、出来なかったのかもしれません。)

これを

『黄体化未破裂卵胞』といいます。


卵胞が大きくなり過ぎ卵巣が腫れることも・・・



不妊治療でクロミッド(クロミフェン)などの排卵誘発剤をしようすると

通常1個しか成長しない卵胞が、いくつも成長します。

採卵時に成長した卵子をすべて採れればいいのですが

採り残しがあったり、十分成長していないからとそのままにしておくと

自然消失までに時間がかかることがあり

それはすなわち

卵胞のまま残った状態と同じことになります。



それ故

「排卵誘発剤を使うと黄体化未破裂卵胞が生じやすい」

とも言われます。




Comment

カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< August 2014 >>