☆骨盤・カラダ美人になる☆

名古屋の骨盤湧命法整体師のブログ

記事

 <排卵日は妊娠しやすいとされるが「2日前が良い」との実験結果>

 米国の生物統計学者である、デビッド・ダンソン博士が、妊娠希望で避妊をしていない

カップルだけを集めて行った実験によると、妊娠しやすいのは排卵日の5日前から

排卵日当日までの6日間で、なかでももっとも妊娠したケースが多かったのは

「排卵日の2日前」だったという。


浅田レディースクリニックの浅田義正院長の話。

「排卵してから精子がやってきて出会うより、精子が卵管に入って待機している時に

排卵が起こるほうが妊娠しやすいとされます。」


膣内は通常、酸性の状態だが、排卵前からアルカリ性の粘液が増加してくる。

精子はこの粘液の中を泳いで子宮に向かうが、排卵日以降は膣内が

アルカリ性から酸性に戻り、精子が生存しにくい環境になる。

排卵日当日のセックスでは、精子にとって良くない環境になっている場合もある。


NEWSポストセブン 6月6日(木)7時6分配信



以前ブログに、元気な精子を届ける「タイミング法」 という記事を書きましたが

そこで述べていることと同じですね。


以前よくお医者さんに言われていたという

「今日辺り排卵だから夜にでもタイミング取ってください。」では、遅いってことです。



また、NEWSポストセブンの記事では、セックスが排卵を誘発しているかも

という記事をこれに続き書いていますが

そのことも以前から言われて言ますね。

あまり、排卵日排卵日と言わずに、やりたい時にどんどんすればいいと思います(^^)


Comment

カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
アーカイブス
This template is made by CYPHR. (C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.