☆骨盤・カラダ美人になる☆

名古屋の骨盤湧命法整体師のブログ

記事

「ステップアップする前にやった方がいいことはありますか?」

 

 

不妊治療として排卵日を検査しそれに合わせHをしているようですが妊娠に結び付かないようです。

 

話を聞くと、排卵近くになってもオリモノの変化があまり分からないとのこと。

 

 

排卵近くになり、カラダが妊娠の準備にかかると

 

子宮頸部からよく伸びる粘液が出てきます(頚管粘液)。

 

このタイミングで性交を行うと、射精された精子は頚管粘液に沿って子宮口から子宮へ入っていくことができます。

 

しかし、この粘液がでていないと精子は誘導されずうまく子宮に入ることが出来ません。

 

また、子宮が迎え入れる準備をしていなくて子宮頸部が閉じてしまっていることさえあります。

 

 

この頚管粘液をうまく出すようにするにはいくつか方法があり、

 

これがタイミング法で妊娠率を上げるコツとも言えます。

 

 

まず、頚管粘液も体液のひとつには代わりありません。

 

体が瑞々しくなければ出るものも出ないので、

 

水分をよく摂るといいですよ。

 

ただ、コーヒーやビールなどのアルコールには利尿作用があり

 

水分を摂ったつもりでも、それ以上に出てしまうので

 

飲むのは水です。

 

 

次に、腸の状態を良くしましょう

 

内臓の粘膜を良い状態に保つのです。

 

下痢や便秘は良くありません。

 

ヨーグルトや、発酵食品、酵母菌などを積極的に摂りましょう。

 

 

骨盤内の血行を良くしましょう。

 

良く歩き、骨盤や股関節をゆるめ下半身の血行を良くします。

 

ここが固いままお腹だけ温めても一時的な効果しかありませんよ。

 

腰痛や背中肩凝りがひどいと、どうしても骨盤も固くなります。

 

こういった症状を改善しておくことも大切です。

 

 

脳への血行を良くしてホルモンのバランスが整うようにします

 

朝起きたら太陽の光を浴びて、脳を刺激します。

 

適度な運動で体温を上げ血行を良くします。

 

首こり、肩こりになることはなるべく避けます。

 

スマホを見過ぎないように。

 

 

膣や子宮頸部への適度な刺激

 

やはり人間だって動物です。

 

適度な刺激で排卵は促され妊娠しやすいカラダの準備を始めます。

 

女性も男性も一人一人カラダは違います。

 

頚管粘液の出方が変わったり、精子の上がり方が変わることもあります。

 

いつも同じ体位でおこなうのではなく、

 

違った体位でおこなったり終わったりした方が

 

良い結果につながるかも。

 

 

 

では、健闘を祈ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

Comment

カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
アーカイブス
This template is made by CYPHR. (C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.