☆骨盤・カラダ美人になる☆

名古屋の骨盤湧命法整体師のブログ

記事

今日、交差点で信号待ちをしていたら

前に立っていた女性が何気なく

お尻の横っ側をトントンと拳で叩いていました。


「あぁ、股関節の外側が痛いんだな」

と思い見ていましたが

信号が変わり歩き始めると

やはり反対の脚に比べ、動きが少しぎこちないです。


おそらく骨盤の動きが悪くなり

委縮してきた筋肉によって股関節の動きが制限されたか

骨盤の歪みで股関節の角度が変わり動きがおかしくなったか

の、どちらかでしょう。


足首か膝からきているならば

もう少し脚の動きがおかしいはずです。


こういう場合は

はやく骨盤の状態を良くしないと

ますます痛みがひどくなります。


自分でできる対処方法はまず骨盤を整えることです。

仰向けになって両膝を抱えて

骨盤から腰の筋肉をゆるめ

次に片足ずつまた膝抱えをして

骨盤の左右の筋肉を別々にゆるめ、ほぐします。

何回か繰り返し痛みが軽くなったら

そのまま腰をひねるように片足を反対側に倒します。

このとき腰というよりお尻の後ろから太ももの外側が

伸びることを意識してください。

これも左右に数度繰り返すと

骨盤と股関節が整ってきます。


骨盤回しもいいですが

股関節の外側の痛みにはこちらのやり方があってますよ。

Comment

カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< August 2014 >>